なぜ東京の1Rマンションなのか?

なぜ東京か?

マンション経営をする上でもっとも大切なことは長期に渡り安定した家賃収入が見込めるかという事です。
2008年を境に、すでに日本の人口減少傾向は進んでいます。今後、東京を除く多くのエリアではマンション経営が成り立たなくなっていきます。
つまり、将来にわたり不動産投資が成り立つのは、賃貸需要が安定しているのは東京だけなのです。

jinkou

多くの人が東京に集まるいちばんの理由は、東京にヒト・モノ・カネが集まるあつまる構図ができているからです。 日本には上場企業が約3,600社あるといわれていますが、そのうちの約半数の1,800社が東京に本社を置いています。

なぜ1Rか?

弊社では単身者向けのワンルームマンション経営を薦めています。
それは様々な不動産投資の中で最も長期的に、かつ安定して家賃収入が見込めるからです。

家賃収入が長期に渡り見込めるかどうかは「需要と供給」がポイントとなります。
setai

まず需要についてです。東京都に住んでいる方を世帯別で見ると圧倒的に単身者が多く、その割合も増加傾向にあります。
zou
次に供給についてです。バブル期以降では2003年に記録した8,154戸がピークで、以降は緩やかに減少する傾向にあります。
その理由としては2つあります。
ひとつは単身者の好む立地(駅徒歩10分以内)に新しくマンションを建てる土地がほとんど無いこと。
もうひとつは各区の条例でワンルームマンション開発規制が定められ建てづらくなっているということです。
例えば「総戸数が30戸以上の場合、50㎡以上の住居を1/2以上設置する」「専有面積を25㎡以上」などの規制があります。

以上のことから

東京都の単身者向けのマンションは
「需要>供給」

が成り立っています。

だからこそ弊社では東京の1Rマンション経営を薦めています。